嘘について。

端的に言えば、嘘とは、

1、事実とは異なる。

2、騙す意図の下に行われる。

3、言葉以外でも成り立つメッセージ、表現である。

 

 

1は正確には「発信者が『事実とは異なる』と認識している」と言える。

即ち、あるメッセージが事実と異なるとしても、それが発信者の誤認に基づいているなら嘘とはならない。逆に、発信者がある物事を誤認したうえで事実を表現しているなら、それは表面上では真実であるが、嘘だと言える。

 

2はつまり、意志の問題と言える。事実ではない事でも、例えば冗談や修辞表現は嘘にはならない。過度な誇張や比喩、予め事実でないと断られた表現は嘘ではない。つまり、受信者が事実とは異なる情報を受け取る、と認識しながらなされる表現は嘘になる。冗談が嘘にならないのは「受信者がその表現を事実とは異なるものとして受け取る」という認識の下でなされるからである。

また、1の誤認を表したメッセージも、騙す意志の下にはないので嘘にはならない。

 

人間は言語以外にも表現手段を持つ。「情報を発信する全ての行為に嘘を作る事ができる」というのが3である。

視覚情報を例にとれば、発信者が認識する自己像を隠すために、部屋着と外出用の衣服を全く違ったものにするのは嘘となるだろう。

勿論、騙す意図のないものは含まれないので、単に礼儀を理由に衣服を変えるのは嘘にはならない。しかし「礼儀を弁えているような人間ではない」という自己像を持ちながら、「弁えている」人間像を与えるための表現は嘘であろう。

 

 

これまでをまとめると、嘘とは、

「発信者が事実と異なると認識したうえで、騙す意図の下で為される情報の発信」

と、言えようか。

嘘をつかないためには、自らの諸事に対する認識と、表現しようとしている事を注意深く省みることが肝要である。